緑のカリフラワー「ロマネスコ」大玉1個(600〜800g)

緑のカリフラワー「ロマネスコ」大玉1個(600〜800g)

販売価格: 350円(税別)

(税込価格: 378円)

希望小売価格: 800円

ロマネスコは、カリフラワーの一品種で食用にするつぼみの部分が、

黄緑色の円錐形でフラクタルの配列になっている。

味はブロッコリーに似ています。

癖が無く、サラダや煮物、揚げ物などにも適しています。

●ヨーロッパ生まれのカリフラワー

ロマネスコという名前はイタリア語で、イタリアではローマで作られ、

その地で食べられてきた野菜で、ブロッコロ・ロマネスコと呼ばれています。

分類上はカリフラワーの仲間とされています。

カリフラワーとブロッコリーを掛け合わせて作られたと言われたりもしていますが、

ロマネスコの方が古くからある植物だそうで、正しくはロマネスコからブロッコリー

とカリフラワーがでてきたということになります。

ただ、諸説あり定かではありません。

 

日本ではその形が似ていることから「サンゴ礁」とも

呼ばれています。

国内にもいくつかの品種の種が出回っており、家庭菜園でも

作る方が多くみられます。

ロマネスコの特徴

最も大きな特徴は花蕾の様子で、フラクタルの構造をもち見事に美しい先が

尖った螺旋状の模様を描いていることです。

それは螺旋状に集まっている一つ一つの塊にも同じように螺旋が出来ていて、

更にその中の小さな粒にも螺旋が出来ているのが分かります。

まさに自然のアート作品のようです。

 

他の写真

  • 1個のロマネスコからこんなに沢山の子株が取れます。
  • サラダにしてみました。ブロッコリーとカリフラワーを混ぜて半分にしたようなさっぱりとした美味しいサラダが出来上がりました。
    スターフルーツとトマトが良く合いました。
  • ベーコンと、ウインナーを入れて牛乳で軽く煮込んでみました。
    出来上がったものをチーズを入れてオーブンで焼くと、また違った美味しさがあります。