沖縄産 あまSUN

あまSUN




【驚くべき糖度】
日頃からみなさんが口にしているみかん、その多くは愛媛産や和歌山産のみかんだと思われます。
ちなみに、、愛媛産や和歌山産のみかんは非常に甘く、糖度も高いといわれています。しかし、その甘いといわれている糖度、実は10度ほどと言われておりますが、なんと"あまSUN"の糖度はこれら愛媛産や和歌山産のみかんの糖度を遙かに凌ぎます。
あまSUNは他のみかんと比べ果汁がとても多く、糖度は12度程あり濃厚な甘みがします。いかに甘いかということが良く分かりますね。

あまSUN

  沖縄県産あまSUN出荷開始。

  予約販売ではなく!
  全国一番早く、12/6より出荷開始。


  前日あまSUN農園に行って、写真を撮ってきた。
  出荷一週間前あまSUN果樹の様子です。
  重みがあるあまSUNが既に黄色になって、早くも食べころです。


あまSUNとは



 あまさんは正式には「あまSUN」と書きます。(この名前になる前は「天草」と言う名前だった)
 沖縄の方言で「甘い」ことを「あまさん」と言い、この果実色が沖縄のサンサンと照り輝く太陽をイメージさせることから「SUN」が用いられたそうです。
あまSUN
 「甘い」「太陽」を組み合わせ、このミカンのことを「あまSUN」と命名されたと言うわけです。


 温州みかんとバレンシアオレンジを交配してできたミカンで、大きさも温州みかんとバレンシアオレンジの中間サイズ。そのため、オレンジに似ているので、手で皮を剥かずに、ナイフでカットして食べるのが普通らしいですよ。


あまSUNは沖縄の年末贈答品で大人気


あまSUNの特徴はなんといってもその甘さ。
酸味はほとんどなく、糖度は12度くらいで濃厚な甘さがあります。
あまSUNの皮が2〜3mmしかなく、食べやすいのも特徴です。
また、あまSUNの美味しさの秘訣といえば、 やっぱりこの溢れ出る果汁にあります。
最近は年末年始の贈答品用としての人気が高く、年末に那覇市のスーパーでPR  を兼ねた試食会が行なわれます。あまSUN」は販売されるのは数週間ほどと短い  ので、今のうちに冬の美味しい味覚を堪能してください(^^)年末の贈答品として最適です。

あまSUN

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0