沖縄産 シークワーサー

沖縄の特産品、シークワサー。果皮が緑色で未熟(プチトマトほどの大きさ)なものは、酸が強くとても酸っぱいので、刺身や焼き魚にかけたりして使われます。黄色に熟したものは適度な甘みと酸味があり、そのまま食べたり、ジュースに加工されます。


また、果糖が少なく低カロリーで、ビタミンC、ビタミンB1、クエン酸、ノビレチンなどを多く含みます。ノビレチンとは、柑橘類特有のフラボノイドの一種で、ほかの柑橘類に比べて2〜12倍のノビレチンが含まれ、がん抑制効果が期待されます。


表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

11