沖縄の果物・野菜の卸販売 沖縄の食べ物 お土産はお任せ下さい!

沖縄産健康野菜 二ガナ 1kg [Y007]

沖縄産健康野菜 二ガナ 1kg [Y007]

販売価格: 1,500円(税別)

(税込価格: 1,620円)

クール便(冷蔵)代が必要になります

g:

商品詳細

 

夏バテ予防にニガナはいかが?

 

 

ニガナは、薬草のひとつで、ビタミンC、カロチン、カルシウムが多く含まれ、昔から、せんじ薬としても用いられている。  腹痛や下痢、胃腸炎などに、生の茎葉をつついて汁を出し、その汁を湯で薄めて飲んでも良いとの事です。できものに、生の葉を外用するのも良いとか。

    ニガナとは?

ニガナ(ンジャナ) キク科【方言名】ンジャナ、ニガナ(沖縄本島) イムンギャナー(宮古) ンガナ(石垣) ニギャナ(奄美) シシバリ・ジシバリ(八重山) 和名・・・・・ホソバワダン別名・・・・・ニガナ(苦菜)

旬・・・・・・・春〜夏 入荷・・・・・通年 海岸の岩場などに生える多年草で、沖縄特有の薬草で代表的なものです。

ニガナ(またはンジャナ)と呼ぶのは沖縄の方言名で、和名としてニガナという名称を持つ植物とは別種です。全体に、少し白みを帯びています。

下部の葉はへら型、上部の葉は卵型をしており、独特の苦味があります。

花は黄色。 ゴーヤーのような独特の苦味がクセになりそうなお野菜です。

有機、無農薬・減農薬栽培です。安心してお召し上がりください。  野菜として葉を食材に利用しますが、根茎も利用されて苦味と独特の食感で親しまれています。

ビタミンAやC、カルシウムやカリウムなどを含みます。

イカスミ汁には、昔から葉を細く刻んで入れていました。調理には、和え物や炒め物、天ぷら、肉汁の具、雑炊、天ぷらなど色々な料理法があります。       

 

ニガナを使ったお料理つくってみよう。

 

 

●ニガナの白和え ***ニガナと豆腐のベトナム風ソースがけ*** ほろ苦いニガナをアジアンテイストでお豆腐といかがでしょうか?

【材料4人分】

ニガナ・・・・50g 豆腐・・・・・600g ニンジン・・・50g 長ネギ・・・・30g ショウガ・・・少々ニンニク・・・少々赤唐辛子・・・1本 ベトナム風ソース 魚醤(なければ粉末鰹だし)・・・・大さじ2 オリーブオイル・・・・大さじ2 レモン汁・・・・・・・大さじ2 泡盛・・・・・・・・・大さじ1 みりん・・・・・・・・大さじ1

【レシピ】 1)

ニガナは千切りにし、5分ほど水にさらす。 2)ニンジンはすりおろし、長ネギ、ショウガ、ニンニクはみじ切り、赤唐辛子は輪切りにする。 3)ボールにベトナム風ソースの調味料を合わせ、2)の薬味を加える。 4)豆腐は水気を切り5cm角に切っておく。 5)豆腐を器に盛り、ソースをかけ、水を切ったニガナを天盛りにそえる。

 【レシピ】 2)

ニガナのスーネー(昔風レシピ)*** 【材料】 ニガナ 200g 豆腐 100g 〈和え衣〉すり鉢などですり混ぜておく ピーナツバター 大さじ1 白味噌・砂糖・塩 各大さじ1/2

 ニガナの葉は千切りにして水に浸し、水気を切る。 2)豆腐は布巾に包んで、軽く水切りする。 3)豆腐と和え衣をすり混ぜる。 4)ニガナを入れ、混ぜて仕上げる。

 

にがな1kg
【保存方法】早めに使い切るのがよいのですが、保存する場合は新聞紙に包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存してください。
 【栄養素】ビタミンC・ビタミンA・カルシウム・カリウムなど

 

 

 

他の写真

オススメ情報

レビュー

0件のレビュー