沖縄の果物・野菜の卸販売 沖縄の食べ物 お土産はお任せ下さい!

沖縄県産 菊芋フレッシュ 2kg 天然のインスリン

沖縄県産 菊芋フレッシュ 2kg 天然のインスリン

販売価格: 2,138円(税込)

商品詳細

 

沖縄県産菊芋フレッシュ2kg 

 

天然のインスリンと呼ばれる。

 

菊芋を生で食べると、ナシとかリンゴみたいなさわやかなシャキシャキとした食感です。

新鮮な菊芋ならサラダや和え物にピッタリで、甘くて素朴な味が楽しめちゃいますよ。

水にさらしてアクを取らなくても新鮮なら薄くスライスするだけでOK。

ポリフェノールなど栄養分が抜けますので、あまりさらさない方がよいかも知れません。

菊芋は生姜にそっくりですが、水道水でよく洗って、赤色になっているところや芽があれば切り取ってください。

「芋を生で食べるのってチョット・・・」 って人もいらっしゃると思いますが、美味しいですから、一度お試しで、

皮つき生のまま薄くスライスして食べてみてください。

菊芋は皮も食べれる 「菊芋は皮も食べれますよ」 菊芋の皮はかなり薄いので食べても

あまり気にならないと思います。

皮を剥く場合は、包丁やピーラーで剥けますし、金属タワシで擦る、少し加熱して指で剥くなどの方法がありますよ。

あまり新鮮でない菊芋でしたら、料理に合わせスライスや千切りにして、約10分ほど水につけると食べやすいです。

生の菊芋の場合ですが、早めに食べてください。

古くなるほど体に良い働きをしてくれる成分の「イヌリン」が少なくなってしまいます。

菊芋を10日間食べて嶋大輔さんの血糖値が改善!

血糖値を下げる野菜として、『菊芋』が「名医のTHE太鼓判」で、2018年12月3日に紹介されました。

菊芋は、佐賀大学では専門の研究所が設立されるなど注目のスーパー食材。

歌手や俳優で知られる嶋大輔さんは、血糖値スパイクが起きていたのですが、

菊芋を10日間食べ続けることで改善しました。

嶋大輔さんの空腹時血糖値が110から83になり、食後血糖値も180から112の正常値になったのですから驚きです!

名医のTHE太鼓判を見た方は、菊芋の成分「イヌリン」って本当に凄いと思われた方が多いと思います。

菊芋は芋(イモ)だから糖質が多いのかと思いますが、菊芋はゴボウの仲間で多く含まれている成分『イヌリン』は、

腸内でゲル状になり糖やコレステロールの吸収を抑えると医師が説明していました。

なので、嶋さんの血糖値が正常値になったことは納得できます。

50代の高血糖で悩む3人のモニターさんも、菊芋を一品は摂るように10日間の高血糖改善生活を行い、

2人は数値が改善しましたので、4人中3人が改善したわけです。

医師がタレントさんなどを使って実際に数値も計測してテレビで見せるのですから、

ますます菊芋の人気が高くなることでしょう。

嶋大輔さんの血糖値が正常値になったことで注目したいのは、嶋さんが菊芋を毎日食べていたということです。

でも、10日間で高血糖が治ってしまったとは思えません。

やはり、菊芋のイヌリンは毎日摂り続けることがいいと思います。

そして、大切なポイントですが、食事の30分前にイヌリンを摂取しておくのが効果的と医師が説明していました。

嶋大輔さんが食べた菊芋の料理 嶋さんが食べた菊芋のメニューを紹介しておきますので、

血糖値で悩まれている方は参考にしてみてください。

1日目:菊芋の素焼き

2日目:菊芋のサラダと生菊芋(すりおろしたもの)

3日目:菊芋天ぷら(みそ汁には菊芋パウダーを入れました)

4日目:菊芋のかき揚げ

5日目:菊芋のポトフ

何よりもイヌリンという成分は、本当は恐ろしい中性脂肪を下げる効能があるんです。

この効能のことは、もう日本中に証明されているんですよ。

医師が女性モニターで検証し、イヌリン摂取でわずか5日で中性脂肪が下がったことを、

テレビの「家庭の医学」で紹介されましたから。

 

『キクイモのイヌリンは中性脂肪を減らす!5日で152が139に!』

菊芋の成分イヌリンは、本当に私たちの体に嬉しい働きをしてくれるんです。

イヌリンは血糖値の上昇を緩やかにする さらに嬉しいのが、菊芋の成分イヌリンの

血糖値の上昇を緩やかにする効能です。

 糖尿病とは、すい臓から出るインスリンが少なくなったり、インスリンの働きが悪くなって

血糖値を下げられなくなった状態(高血糖状態)が続く病気なんです。

血液検査の結果で、空腹時血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)の値が

基準値を上回っていたら糖尿病と診断されちゃいます。

糖尿病の検査は、空腹時か食後2時間の血糖値を調べます。

 菊芋成分イヌリンの効能 菊芋の栄養分ですが、乾燥重量に対して

脂肪3.6%・繊維1.7%・蛋白質10.6%・糖質69%・ミネラル2.1%となっています。

(徳島大学薬学部での成分分析より)

「糖質69%で多いですよネ」 前述しましたように菊芋の糖質は、でんぷんではなくて、

イヌリンという成分がこれだけ含まれているわけです。

イヌリンは、中性脂肪を減らし、糖の急な上昇を抑え、善玉菌だけのエサになるので、

腸内環境も改善してくれます。

なので、菊芋のイヌリンを摂ることで、恐ろしい糖尿病と合併症の予防にもなるわけですネ。

但し、菊芋が体に良いからと言って摂り過ぎてはダメですよ!

菊芋は、摂りすぎると副作用のでる成分も含んでいますから。

菊芋のパワーは素晴らしいのですが、生の菊芋は、いつでも手に入るわけではないのがつらいところですネ。

★菊芋の効能と副作用※摂りすぎると危険な成分もあるので要注意!

★菊芋パウダー使い方!粉になった菊芋は混ぜるだけの超便利な野菜 

★キクイモのイヌリンは中性脂肪を減らす!5日で152が139に!

★検診で発見しにくい血糖値スパイクの症状と簡単にできる予防・対策!

★昼食後ひどい眠気!糖尿病の初期症状かも?今すぐここでチェック!

★菊芋本当に効果あるの?って方へ※テレビでも証明され医師も推奨!

★肝臓脂肪の落とし方4つの予防法を紹介※医師も推奨の方法とは

★ノビレチンはシークヮーサーの成分で認知症予防に人気沸騰中!

★認知症予防の食事・運動・生活習慣とは?医師がおすすめの方法!

まとめ 菊芋は、生でも食べれて調理すれば皮も葉も食べれる 菊芋の成分イヌリンの効能は、

中性脂肪を減らし、血糖値の上昇を抑制するので、心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病などの予防になり、

腸内環境をよくすることで便秘や美容にも期待できる 歌手でタレントの島大輔さんは、

食事のメニューに菊芋の料理を一品加えて10日間食べたら、

空腹時の血糖値が110から83になり、食後血糖値も180から112へ改善しました

(名医のTHE太鼓判で2018年12月3日にTV放映)

イヌリンは、食事の30分前に摂るのが効果的。

 

 

オススメ情報

レビュー

0件のレビュー